国家資格を習得しないと仕事が出来無い「ビル管理」

ビル管理

文字通りビルの管理を行なう事を「ビル管理」と言います。基本的にビル管理は専門職による管理が基本でその殆どが警備会社などの専門の会社に委託・運用しています。意外な事にビル管理を行なうには色々と資格が不可欠で無免許・無資格でビル管理を行なう事は出来ません。しかもこの資格は「国家資格」なので意外に重要度の高い資格なのです。そんな国家資格を習得しないと仕事が出来無い「ビル管理」がどのような業務を行なっているのか以下に代表的な業務を書き出してあります。

設備管理

ビル管理で最も基本的な業務で、建物内部の設備の管理・点検・補修を行ない利用者の安全や快適性の確保を行なう事が目的です。この設備管理で管理される機器は高層マンションや高層ビルに必要な空調設備や消火設備と言った取り付けが義務化されている機器や、生活に必要な電気・水道・ガス設備も管理してくれる会社あります。設備管理の場合管理するビルやマンションなどが大きくなれば大きくなるほど管理・運営が難しくなるためビル管理資格者を置いた複数の人員で管理運営を行なう場合が殆どで、ビルの設備は個々によって違いがあるためある程度知識と経験を持っていないといざと言うときの対処に困まらないようにするためでもあります。

警備業務

コマーシャルなどでよく聞く「セ○ム」などがメインに経営している警備業務で、「ビル管理」の中でもメジャーな存在です。基本的な業務は文字道理ビルやショッピングセンターの警備を行ない、警備物件の被害を最小限に食い止めるのが「整備業務」の仕事です。本来警備はビルやデパートなどが業務を終了した後の深夜に、泥棒や不審者から建物を守るのが主な業務でしたが最近では営業中なども警備業務を依頼するビルや店舗などが増えてきました。

営業中(デパートや商店など)の警備業務はいたって地味で駐車場の警備や店内の巡回などが主な業務ですが、実は警備業務に携わる為には専門知識が無いと警備できないのです。具体的に掲げると、駐車場で事故に遭遇したときの怪我人への適切な処置や、管理している建物内で何か起ったときの避難・誘導、警察への連絡などがあります。また警備業務を行なう人は不審者に対応するため身体も鍛えておかなければいけず、業務は地味でも内容は 結構ハードだったりします。これから警備会社に就職を考えている方は何か体を鍛えていたほうが良いかも知れません。


衛生管理

ビル管理でも地味な存在ですが専門知識が無いと衛生管理は行なえません。実はビルの空調と貯水タンクは衛生管理上、設置場所を別々にしないといけないのはご存知ですか?コレは貯水タンクにたまった水に菌が繁殖しその繁殖した菌が空調設備を通してビル全体に蔓延するのを防ぐための措置です。ビルの衛生管理はこのような病原菌や害虫などが発生しやすい場所を管理する職業で、このようなビルの専門的な衛生管理から、マンションのエントランスやビルの駐車場など人目につくような場所の清掃も行なっています。衛生管理の場合は複数で管理するのが基本で資格を持っている責任者を筆頭に数人で清掃を行います。一見地味ですが私達が気持ちよくビルやマンションを使えるのは彼らが衛生管理を行なってくれいているからなので心の中でありがとうと叫んであげてください。

電話対応

携帯電話が無かった時代はビルの警備を行なっていた警備員が電話対応も行なっていましたが、最近では個人情報の観点や企業秘密などで電話対を行なうビル管理会社は少なくなりました。業務自体は基本的にまだ生き残っているのですが、その殆どがデパートやスーパーといった商品を扱う建物(商品の搬入の際の事前連絡など)での対応になっています。

recommend

Last update:2014/10/2

COPYRIGHTS 2009 [不動産投資情報~不動産@Home~] ALL RIGHTS RESERVED

当サイトは不動産関連を個人で調べて書いていますので内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。