日本で正式に「マンション」の建築方法として認められたのは平成に入ってから?!

マンション

 日本におけるマンションのイメージは「アパートより金額が高い」や「高級」と言った感じに受け止められていますが、本来のマンションの意味はイギリスなどのEU圏ではそのまま共同住宅、アメリカでは豪邸と言う意味があります。むこうでは一般家庭であるログハウスがこちらでは高級住宅のように扱われるのと一緒でしょうか。ログハウスに一度住んでみたいという人は結構身近にいます。実際ログハウスってかっこいいですよね。日本では両方のいい所取りをしたのか知りませんが共同住宅なのに豪邸と言う変な認識が定着(マスコミが誤用を使い続けたため)しているのが事実です。日本のマンション事情は高度経済成長期にアパートや市営団地などの集合住宅に住んでいた人達が経済的に余裕が出てきたため、一戸建ては無理でも一回り大きい部屋等があるアパートを求めたのが始まりです。そのため不動産会社がアパートや団地より少し金額の高い共同住宅を建設したのですが、当時の誤訳か又は引用なのかアパートより階層が多く若干部屋が広い建物を「マンション」として売り出しました。

ちなみにこのマンション日本で正式に「マンション」の建築方法として認められたのは平成に入ってからで、平成12年にやっとマンションの建築方法が制定されたのです。しかもこの建築方法がかなり雑で「中階層(3階以上の建物)で鉄骨・鉄筋を使って建築をした建物」の事を指しているためマンションとアパートの建築基準に明確な違いは殆どありません。ではどこでマンションとそのほかの共同住宅を区分しているのかと言うと、住宅の売買方法で分けているらしく共同住宅の各部屋を分譲するのは「マンション」賃貸がアパートとかなり大ザッパな区分分けがされています。

高度経済成長時にあれだけ沢山乱立したマンションも近年の日本では実用性が薄れはじめ売買方法も分譲以外で行なわれる始めています。以下にマンションの経営方法を簡単に書いていきます。

分譲マンション

 一般的なマンションの経営方法で部屋を賃貸ではく分譲で売買する方法です。分譲住宅同様一購入したら持ち家扱いとなるため家賃は必要とはしませんがマンションの場合マンション自体の管理費や設備修理費が毎月必要になります。金額にもよりますが長い目で見たら結果的に一戸建てを買った方が安く付く場合があるんいでマンションを購入しようと思っている今後の事をよく考えてから購入する事をオススメします。マンションの駐車場を経営している友達もいます。土地を持ってるって強いですよね。土地活用だけで生活できるのはうらやましい限り。マンションを選ぶときは将来子供が出来た場合なども考えて駐車場やパーキング設備がしっかりしたところを選んだほうがいいでしょう。

賃貸マンション

 近年出てきたマンションの経営方法で団地やアパートと同じように部屋を賃貸する方法です。基本はアパート等と同じなため特に変わるところと言えば賃貸金額位です。とは言ってもコノ金額が意外に上下が激しく月30万円以上の家賃を徴収している物件もざらに有ります。そのため経営方法はアパートや団地などと一緒になったとしても中々一般市民が手が出せる代物ではないのは確かです。土地活用って本当にうらやましい。

短期賃貸マンション

 マンションが乱立しすぎて入居者が入らなくなってしまったため入居者の少ないマンションを短期宿泊施設として賃貸する方法です。元々ビジネスホテルと言った宿泊施設は長期間宿泊するには宿泊費がかかりすぎるため、マンションを宿泊施設として貸し出していたのが宿泊者のニーズに応えて短期賃貸として貸し出しを始めたのがきかけでした。賃貸期間は宿泊する期間でえらべ、年ごとに更新の「ワンイヤー・マンション」、月更新の「マンスリー・マンション」、週更新の「ウィークリー・マンション」があります。また短期賃貸マンションの運営方法は旅館法というホテルや旅館と同じような扱いで運営されているため、宿泊の際の住所登録等を行なう必要が無いのも特徴です。同じ短期賃貸でもワンイヤーマンションは賃貸期間の長さから住所登録の変更を行なう事ができるマンションも存在します。駐車場やパーキングはオプション、別途料金でつけられる場合もあります。

短期賃貸マンションの設定金額は各不動産会社によって異なるので確定した事では無いのですが、いくらホテルより安いからと言って短期賃貸マンションで長期宿泊を行なっていると普通に部屋を借りた方が安くつく場合が出てきます。またこの様な短期契約型マンションには備え付けの電化製品があるため最初は金銭面の負担が少なく使い勝手が良いのですが後々不満や機器の故障等のトラブルに巻き込まれる場合もあり、一概に短期賃貸マンションが便利だとは言いがたいのが現状です。

COPYRIGHTS 2009 [不動産投資情報~不動産@Home~] ALL RIGHTS RESERVED

当サイトは不動産関連を個人で調べて書いていますので内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。