単純に「リフォーム」と言っても色々な形態があります。

リフォーム

 リフォームとは建物を再利用すると言う意味を含めた「Re(≠リファイン):Home(≠家)」と言う造語の略で、今までは建物を「修理」「修繕」「改築」「改装」「増築」と施工ごとに分けて呼称していましたが最近ではゆとり教育の影響なのか全てを総じて「リフォーム」と表記されるのが一般的になっています。最近では建物の内装など内部に手を入れる事を「リフォーム」外装に手を入れる事を改築と言う不動産会社やリフォーム会社が存在し、建物と内装のリフォームを別々の仕事としてみている所が多くなってきているようです。

前記でも書きましたが一言にリフォームと言っても実際は幾つかの種類が存在し、その種類や規模によってリフォームの形態は違います。今の定義で言えば建物に何か手を加えた時点でリフォームになるのですがそんな小さな改修ではリフォームなら無いと思っているそこのあなた、流行りのエコブームに乗っかって電気代節約や光熱費節減できる機器や機能を追加したり、もう真近に迫っている高年齢化社会に対応して補助機器を取り付けるのも立派なリフォームですのでご安心ください。このように近年では建物をリフォームする際に取り付ける機器や内装のバリエーションも増えているため単純に「リフォーム」と言っても色々な形態があるので、特にリフォームに興味がある奥様方必見の情報満載です。隅っこで小さくなっている旦那様は置いといてどうぞ楽しんで読んでいってください。

エコ

今までの光熱費などのをみなすために建物をリフォームする事で、主に屋根に電気代節約のためにソーラーパネルを設置したり、室内の保温効果や電熱効果を上げるために建物の外壁や内壁に断熱材を埋め込んだり、ガス代の節約のためにオール家電にしたりもしくはその逆でガスを導入したりとエコ(?)を推進しています。エコ機器の導入・設置を行なうため工期は短いですがリフォームに掛かる費用は以外に高く、モノによっては内装をはがして埋め込まなければいけない事から今の建物をリフォームするより新規で建設した方が効率よくエコ物件が出来るのは確かです。逆に建物を殆ど傷つけずにリフォームできるソーラーパネルもあるためエコリフォームの仕方によっては財布にもエコになるかもしれません。

注目サイト

Last update:2014/10/2

リフォーム(2)へ移動する~

COPYRIGHTS 2009 [不動産投資情報~不動産@Home~] ALL RIGHTS RESERVED

当サイトは不動産関連を個人で調べて書いていますので内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。