不動産として「土地」と同じぐらいメジャーな存在「一戸建て」!

一戸建て

 不動産として「土地」と同じぐらいメジャーな存在「一戸建て」です。人によってはマイホームだったりスイートホームだったりと呼び方は様々ですが、1世帯家族が暮らせる程度の大きさの家で庭がついており建っている家が完全に独立しており、その家と家が建っている土地が購入者が所持していれば「一戸建て」です。基本的に一戸建ては1世帯家族が住んでいる一軒家の事を指す言葉なので、不動産会社などでは「戸建て」と明記されています。そのため通常では「一戸建て」とは表記せず「戸建て」と書いたほうが良いかも知れませんが、マイホームを夢見ているお父さん方の心打ち震わす言葉として一戸建てと表記させていただきました。

このページではマイホームを夢見る方々を応援するために現在の一戸建ての建築方式を簡単にご紹介したいと思います。最近の一戸建ての建築方法は多彩になっており、費用を抑えた建設方法や耐震性に優れた建設方法、日本式の建築方法など様々な立て方があるので必見です!

木造建築

 日本独自の建築法で、木材を中心に家を建築していく方法です。柱に加工した丸太を使いそれを基礎にして梁を組んでいく方法です。土台の上に木材で基礎をつ作っていくため工期が長く、使用する木材と建設する職人によってはかなり割高になりますが、日本の気候にあった夏は涼しく冬は暖かい住みやすい一軒家になるなでしょう。木材を使っているため多少耐震がありますが、手入れを行なわないとすぐに痛み出すのが偶に傷ですが日本人なら木造建築を押して建てるべきです。

ツーバイフォー建築

 要約すると一戸建てのプラモデルです。工期短縮とコストダウンのため家の面になる部分(壁や屋根など)を工場で生産し現地で組立てる方法です。メリットは前記で書いた部分生産なのでコストが安く、部分組み立てなので施工期間が極端に早い事が掲げられます。また外壁によって家が建っているので中の使用出来る空間の自由度は高い事も特徴です。基本的建売住宅などで広く使われている工法で一軒家を購入する値段が安くなった分土地に振り分ける方法で分譲されています。デメリットは工場生産のため外見がまったく同じ一軒家がいくつも出来る事と間取りや拡張性の反映が極端に低い事が挙げられます。

主に分譲住宅地では殆どがこの施工形態をとっているため特徴のある一戸建てを目指している方にとってはあまりよろしくない建築方法かも知れませんが取り合えず一軒家が欲い方には魅力的な物件だと思います。

鉄筋コンクリート建築

 マンションなどの中層建築の施工にも使われるため、建築方法の中では上位の耐久性のを持つ建築方法です。主に沖縄や宮古と言った夏場に台風が多い地域で多用される建築方法ですが、材料費や建築方法が少し複雑なため建設費用が高くなってしまうのがデメリットです。コンクリートで外壁と屋根を作るため若干室内が狭くなってしまいますが、拡張性が高く増築・改築の際に補強工事無しで行なえる所がメリットにになります。また室内に柱を使わずに広い空間を作れるのも特徴でダンスホールやスポーツジムと言った広い空間を持った建物を建設する際に最適の施工法です。

鉄骨建築

 普通は一軒家を施工する際に真っ先に除外する建設方法で家の基礎を鉄骨で組んでしまう方法です。この方法は幾つかありますが、基礎に鉄骨使っているため総じてコストが高く施工期間も長くなってしまいますが、建物耐久度はトップクラスの性能を誇っています。本来は高層建築の基礎に使われる建築方法ですが、最近はその耐久度を一般建築に取り入れた「軽量鉄骨建築」と言うモノが出てきています。

「軽量鉄骨建築」とは通常の鉄骨よりも軽量の鉄骨を使い一戸建てを建築する方法で、家の屋台骨に鉄骨を使い施工するため工期が短いのが特徴です。しかし大きさを変えても鉄骨は鉄骨。耐久性は高いが金額が高いため一戸建てとして建設するには躊躇する金額なのは確かです。

Valuable information

快眠 枕
https://www.kyoto-nishikawa.co.jp/products/pillow/tune/

最終更新日:2015/7/31

COPYRIGHTS 2009 [不動産投資情報~不動産@Home~] ALL RIGHTS RESERVED

当サイトは不動産関連を個人で調べて書いていますので内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。