このページを読んで今後の「土地活用」の参考に!

土地&駐車場

 最近流行(?)の土地活用と言う言葉、よく耳にするけど一体どんな事なの?と思っているそこのアナタ!このページを読んで今後の「土地活用」の参考にしてみてるのはどうでしょうか?

不動産の最も基本的な財産は「土地」になります。建物等の物件に比べ経年劣化が少なく単価も安定している事から不動産会社では安定した取引が出来る商品として長年売買されてきました。土地によって売買価格は異なり、都心部に近づけば近づくほど高くなる傾向が有ります。そのため都心部の土地は常に高値で取引されています。

逆に都心部から離れた郊外では土地単価は安く済むため一戸建てや共同住宅が建設される事が多く、都心部に人がいなくなるドーナツ化現象起きる一員になっています。

 不動産で最も安定して売買が行なえる「土地」ですが、ただ土地を持っているだけでは所得税など税金が掛かるだけの困った物件です。その困った物件を安定収入が見込める土地に変えようと言う流れが出てきました。最近ラジオやテレビなどのコマーシャルでよく聞くようになった「土地活用」がその一環です。このコマーシャルの売り文句は「今まで遊んでいた土地の資産運用しませんか?」と言うモノで、簡単に言えば「土地を収入がある物件にしませんか」と言っているのです。

 基本、土地を持っている人はそれなりに財産を持っている人が殆どですが今まで土地をどのように運用するかにおいてはまったくの素人なので中々土地を運用する事ができませんでした。また中には土地の活用法が建物を建てることしか無いと思っている方もいたので一時期はアパートやマンションと言った賃貸物件が乱立しました。賃貸経営についての知識がある人達が運営するのであればあまり問題は無いのですが、なにも判らずいきなりアパートやマンションと言った賃貸経営をやるには初期投資があまりにも掛かり過ぎますし、何よりリスクがでか過ぎます。予備知識なしでは絶対に失敗する事うけ合いです。ではどの様な「土地活用」ならリスクが少なく素人でも簡単に利益が出せる物件になるにのでしょうか?

 基本的に「土地活用」とは定期的に収入が入る見込みがある物件に作り変える事を言います。今まで遊んでいた土地を逆に収入がある様にするのですから初期投資はいくらかは掛かりますが、「土地活用」で一番手軽で一番設備投資が掛からない物件と言えば「駐車場」です。不動産の基本が「土地」なら「土地活用」の基本が「駐車場」になります。駐車場は郊外や街中に関係なく一定の収入が見込め、初期投資も必要最低限(最悪更地に白線で区切りをつければ駐車場にはなるの)ですむため、初心者や郊外にある土地を活用するには駐車場はうってつけの物件になるのです。

 市内など人口過密地では駐車場は幾つかの形態に分かれて経営する事が多く、主に「契約型」「時間型」「月極型」のいずれかの契約駐車場になります。駐車場の経営に関しては管理者の裁量に関わる事が多いですが繁華街や観光地が多い場所では「時間型」駐車場がメインで短時間で効率よく利益が上げられるのが特徴です。ギジネス街などでは「契約型」駐車場がメインで時間や期間は関係なく駐車場が利用でき、駐車場所有者にも定期的に利益が入るのが特徴です。都心部では駐車場単体では存在しませんが「月極型」駐車場は文字通り月ごとの契約になるので住宅街や小店舗の多い地域で運用される事が多く、契約型駐車場よりは安定しませんが、こちらも定期的に収入が入るのが特徴です。

 駐車場は郊外のような人の流動が緩やかな地域でも運用出来るためある程度人がいれば収入の見込みがあり、特にマンションやアパートと言った共同住宅が近くに立地している場合は定期的な収入が見込める可能性があります。そのため各不動産会社は共同住宅の近くに空き地があると駐車場を誘致する傾向にあります。ちなみに郊外で時間型駐車場を作ってしまうとまったく利益が出ないため、郊外に設置される駐車場の殆どが「月極型」です。また駐車場の形状も色々有りますが市内では「立体駐車場」や「機械式駐車場」の傾向が強く、郊外では通常の駐車場が多いですが共同住宅の近くでは稀に「立体駐車場」が建設されている所もあります。

Last update:2014/10/2

COPYRIGHTS 2009 [不動産投資情報~不動産@Home~] ALL RIGHTS RESERVED

当サイトは不動産関連を個人で調べて書いていますので内容に間違いがあるかも知れません

閲覧者の方には迷惑かも知れませんがメールにてご一報ください。